経済戦略をサポートするマーケットインフォメーションサイト

日本での安全性と利益を両立した市場開拓

世界トップクラスの治安と法整備

会社を経営する場合、多数の従業員を擁することから、就業先では一定以上の治安の保証と法制度が充実していなければ、安全に法に則った経営が難しく、従業員を就業させることもできません。

その点で日本は、世界でも上から数えた方が速いだけの治安を保ち、グローバル化の進行こそ遅いものの、法制度自体は整備されているため、法や手続きについても、経営者自身が日本語を読めるか、日本語を解する通訳や社員を雇う事さえできれば、比較的スムーズに諸手続きを進めることができるなど、治安と法の整備状況においてアジアでは高水準であるため、従業員の安全と法的権利の保護、会社の特許の保護といった面で信頼性が高く定評があります。

日本はアジアの中では治安と法整備の充実が両立した社会形成が進んだ国の一つなのです。

日本の後進・停滞分野は市場価値あり

グローバル化が進行し、アジア地域の後進国が順調に発展を遂げたことによって、日本と比較して物価が安く、治安共に法整備が整い始めた他のアジアの国々に拠点を移す海外企業が増加傾向にあるため、日本の産業の空洞化がますます進みつつありますが、日本の市場に魅力が無くなったと判断するのは早計でしょう。

なぜなら、薬品・IT・金融といった日本の後進分野や停滞分野は、別の側面から考えれば市場としての発展の余地を残していると考えることができるためであり、実際に薬品・IT・金融をはじめとした、国内企業がまごついている分野への海外企業の進出は増加傾向にありますし、これらに加えて保険等のサービス分野においても海外企業の新規参入が見られるなど、日本の市場にはまだまだ開拓の余地があると言って過言ではないのです。


この記事をシェアする