経済戦略をサポートするマーケットインフォメーションサイト

実験市場に適した日本市場の特色

日本市場は実験市場?

日本である程度足場を固めることに成功し、継続して利益を上げることができるようになった海外企業や海外店にとって、日本市場は単なる市場とは異なる側面を見出す場合があります。

それこそが、実験市場としての側面で、日本に進出した企業や店が日本に最適化したビジネスモデルを逆輸入したり、日本の市場に適応する過程で生まれたアイディアを新商品の開発につなげたりできる他、顧客の求める接客レベルの高さから、接客を含めた自社サービスのレベルをはかる試金石としても利用されることがあるなど、経営者によって様々な形で日本市場を介した市場実験が行われているのです。

このように日本市場は一定の成功を収めた企業や店にとって、実験市場としても利用できる面白い市場であることがうかがえるのではないでしょうか。

日本が実験市場として適している理由

日本人はその気質として、企業に要求するサービスや商品のクオリティが厳格であったり、一過性のムーブメントに流されやすかったりするなど、経営者の視点で考えるのであれば、厄介極まりない気質を複数持ち合わせています。

一見すると実験市場に不向きな気質ですが、これらを逆手に取ることで企業利益の拡大に利用することに成功した海外企業は少なくありません。

例えば、企業に要求するサービスや商品のレベルの高さは逆説的に、日本で通用するレベルのものなら諸外国にも通用する可能性が高く、一過性のムーブメントの傾向を研究することで一過性のムーブメントを起こすことができる可能性を高めたり、長く続くムーブメントを起こす可能性を高めたりすることができるなど、日本人の気質とその気質を反映した日本市場は利用価値が高く、実験市場としての適性を持つのです。


この記事をシェアする