経済戦略をサポートするマーケットインフォメーションサイト

海外で人気の店が日本に出店してくる訳

日本人の気質と海外ブランドの親和性

このページは、有名店を含む海外店や企業が日本に進出を果たすことで、獲得することが見込まれる利益を日本進出のメリットとデメリットを交えて考察し、なぜ有名店を含めた海外店や企業が日本を進出先として選んだのか、私見を述べることを試みたページです。

実験市場に適した日本市場の特色

日本に進出を果たした企業の中でも、長期的な成功を納めた企業が、日本市場を経て新製品や新サービスを生み出す過程を市場実験の一種とみなすことで、日本市場の実験市場としての特色にスポットライトを当てて、日本市場で見込まれる実験効果について簡易にまとめました。

日本での安全性と利益を両立した市場開拓

治安の高さと共に、法制度が社会全体に浸透し人権・特許権の両権利が一定水準以上で保障されている国を求める傾向が強い先進国の有名企業や有名店が、アジアの中で進出先の一つとして日本を選択した理由を推察すると共に、日本の市場的発展性の有無についても触れています。

海外企業の日本進出で生じるメリット・デメリット

日本は島国であることも手伝ってコミュニティ的に閉鎖的でありながらも、古代は中国とインドの文化を吸収し最適化することで文化とし、近代は欧米の文明を学習することで近代化に成功するなど、閉鎖性と寛容性が混在した独特の気質を持っています。

事実、海外旅行で日本人が買い求めるものは、ブランド品や知名度の高い名物が多くを占めるなど商品の良し悪しの判断が没個性的であるにもかかわらず、国内で購入する商品に対しては世界でも有数のシビアな視点を持っていますし、海外で提供されるサービスであっても一定の水準を下回ってしまえば、やはり見切りをつけてしまうというミーハーのようでミーハーでないような面も持ち合わせますが、このような気質は、周囲に流されやすく、一過性のムーブメントが極めて短いサイクルで浮き沈みを繰り返す点にも見て取れます。

以上のことを踏まえると、日本人の気質は閉鎖性と寛容性を併せ持ち、ムーブメントに踊らされるミーハーと言うよりは、周囲と同じことをしたがる全体主義的な傾向の強さが窺え、それらが国際的に評価されることもある礼儀正しさや協調性の高さの源泉にあると考えることもできるでしょう。

そんな日本人にとって、判断材料が少ない海外で有名ブランドや有名店を利用するのは、ある種自然とも言えますし、海外のブランド店や有名店の大半が、その独自のこだわりで商品のクオリティにおいて一定水準を超えているがために、海外の有名ブランドや有名店が日本の市場と法制度の閉鎖性まで想定した上で、立ち回れば日本での成功も難しくはなく、海外の有名ブランドや有名店が海外一号店の出店先に日本を選び成功したのは、経営者が日本人の気質を理解していたもしくは理解する努力を怠らなかった結果なのです。